アルミダイカストの耐圧検査について
2021年04月10日

京都府計量器業界の企業様の製品で、水耐圧をしている製品がございます。一定時間、泡が出ないことが耐圧良品であります。他のお客様では、泡の大きさ、泡の量によって、良品と不良品が分かれます。ベテランの作業者が行っていますが、作業手順書や撮影等で規準の見える化に努めております。耐圧が必要な製品がおありでしたら、是非ご相談ください。