バー材を製作して、試作する場合の対応材質
2022年07月16日

基本的には、どの材質もバー材を作ることは可能です。

アルミダイキャスト(アルミダイカスト)の材質:ADC6、ADC12

亜鉛ダイキャスト(亜鉛ダイカスト)の材質:ZDC2、ZAS

上記の材質は定期的に鋳造しておりますので、バー材を製作するのは容易です。

その他の材質でしたら、納期がかかったり、また、試作のために溶湯を作るので、コストがかかる恐れがございます。

また材質によっては、500kg~1000kg単位で購入になりますので、

量産ありきでバー材の試作をご検討頂くのが良いかと存じます。